エクステリア工事をしよう

エクステリア工事をしよう

煩悩の数

2014年2月14日 // by kaoud

年はもう明けてしまいましたが・・・実は今年、弟たちは除夜の鐘を鳴らしに行ったらしいです・・・。いいな~私も鳴らしてみたいな、と思った私。だって、そもそも大みそかにお寺に言ったこともないし、楽しそうだな・・と思って。でも、私たちは今年は沖縄でお正月を過ごしたので、ま、いっか。と言う感じ(笑)

でも、ちょっと気になったのは、除夜の鐘って、108回鳴らすんですよね??あの数と言うのは煩悩の数とは言いますが・・・でも、そもそも、その煩悩の中身と言うのはどういったものがあるのか??と言うのが気になった私・・・。で、ネットで調べてみたのですが・・・いやいや・・私の頭が悪いのか、よく分からない・・(涙)

でも、一応ちょっとだけ分かったのは、その煩悩と言うのは、人によって違うからこれ、というものはなり、と言う考えが基本なんだとか・・そのほかにも色々とは書いてあったのですが・・・でも、元のその煩悩という言葉の意味としては、心を乱す、悩ませるものの総称なんて言いますから・・・確かに、その中身と言うのは、ひとそれぞれなのかもしれませんよね・・・。

ギャンブルの人もいれば、お菓子だったり、お酒だったり、物欲だったり十人十色と言う言葉があるように、その人の欲なんてものは人それぞれで会って当然なのかもしれません・・。なので、毎年、自分の欲は何なのか、というのを考える必要があるのかも・・・。

でも、この宗教的な観点からだと、その煩悩には打ち勝たなければならない、と言う感じですが、でも、なにも人間は全ての欲を捨てなくてもいいのかな、とも思います。それは、もっと出世したい、だとか、もっといいもの食べたい、だとか・・それが結果的には豊かな人生だったり、自分の幸せと言うところにもつながってくると思うので・・・なにもかもの煩悩が悪いという事ではないのですよね。ちょっとそんな風に感考えると難しいけれども・・・。でも、必要だと個人的には感じました。

Comments are closed.