エクステリア工事をしよう

エクステリア工事をしよう

かまぼこ

かまぼこ・・・お正月に食べましたか??私はかまぼこが大好きなので、多分家族の中では一番食べているような気がする・・し、お正月に限らずに結構普段から我が家の食卓には登場するのですが・・・

実は先日知ってびっくりしたのですが、このかまぼこ、これを作るのは国家資格が必要なそうで・・皆さんは知っていましたか??私は知らなかったので、本当にびっくりしたのですが、なんでも「水産練り製品製造技能士」という資格が必要なんだそうで、かまぼこづくりの質を落とさないように、という業界の取り組みの一環で誕生した資格なんだそうです。学科試験では、板付きかまぼこが製造されている地域を尋ねる問題や、漁獲した後、どのタイミングで魚を凍結するのがいいか、などの問題も出るそうで・・・かなり大変なんだな・・・と、でも、そうですよね。国家資格だもん。

で、そこで学んだ雑学なのですが、かまぼこってなんで板についていると思いますか??最近ではプラスチックとかもありますが、本当は基本的にはいたが基本なんだそうで、これはかまぼこに含まれる余分な水分を吸わせるためなんだそうです。そのことによってカビや細菌が繁殖しやすい状況を作らないようにしているのだとか・・・。この板付きのかまぼこが生まれたのは安土桃山時代とも言われているらしいのですが、当時の料理人が献上品としての風格を演出するために板をつけた、という話もあるそうです。

元は杉がよくつかわれていたそうなのですが最近ではアメリカ産のモミの木がほとんどなんだそうで・・・何だか日本の伝統的な食べ物名だけに軽くショックな感じがするのですが・・それは私だけでしょうか・・・(汗)

そして、このかまぼこの面白いところは、かなり地方によって様々で、その土地の魚を原料として風土に合わせた形で作られているので、面白いな、とおもいます。所によっては呼び方も違うので、何の事を指しているのか分からないこともありますが・・・。あ・・食べたくなってきた・・・。

アデコ派遣